トップタイトル|LINEの使い方まとめ総合ガイド
通話 履歴 応答なし キャンセル 不在着信 まとめ

更新:|公開:
20179 view
LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です

LINEの無料通話やビデオ通話ができなかった時にトーク画面の履歴を見ると『応答なし』や『キャンセル』や『不在着信』といった履歴が残ります。


これは電話を発信した側と着信を受けた側のそれぞれに違う履歴が残るようになってます。




これらの履歴を見た時にどういう状態でこの履歴になったのか気になる事って結構ありますよね。


このページではLINEの無料通話やビデオ通話で『応答なし』『キャンセル』『不在着信』の違いや表示される条件などをまとめました。


『応答なし』や『キャンセル』や『不在着信』が表示される条件を知りたい方は参考にしてください。




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

目次




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

LINEの通話履歴で『応答なし』が表示される条件


LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です



LINEの通話履歴で『応答なし』が表示されるのは主に発信側の履歴です。


LINEの通話履歴で『応答なし』が表示される条件|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です



LINEの無料通話やビデオ通話で『応答なし』という履歴が表示されるのは以下のようなケースです。



・相手が一定時間で通話に出なかった時(約1分間)


・着信した通話を着信画面で拒否した時



上記のような場合には発信側の履歴に『応答なし』という表示になります。


スポンサーリンク



例えば、自分が無料通話を発信して1分間くらい相手が着信に出なければ自動的に電話が切れて『応答なし』という履歴になります。


また、着信した側が着信時に『拒否』を選択した場合も『応答なし』という表示が出ます。


LINEの通話履歴で『応答なし』が表示される条件|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です



上記のように無料通話やビデオ通話を着信した側は『拒否』というボタンで電話を拒否することができます。


LINEの無料通話で1コールで切れて『応答なし』となった場合、相手は電話の着信時に『拒否』を押して着信を切ったという事になりますね。




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

発信側が『応答なし』の時の着信側の履歴


LINEの無料通話で発信側に『応答なし』という履歴がついた場合、相手には以下のような履歴が残ります。



・相手が一定時間で通話に出なかった時の『応答なし』


⇒着信側は『不在着信』という履歴が残る


発信側が『応答なし』の時の着信側の履歴|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です




・着信した通話を着信画面で拒否した時の『応答なし』


⇒着信側は『キャンセル』という履歴が残る


発信側が『応答なし』の時の着信側の履歴|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です



このように、発信側の『応答なし』という通話履歴に対して着信側は『不在着信』と『キャンセル』という2つのケースがあります。


基本的には着信側がどのように対応したかで着信側の履歴が変わるという感じですね。


スポンサーリンク



疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

『応答なし』に既読はつく?


LINEで通話履歴として『応答なし』という表示には既読がつかない仕組みになってます。


これは音声通話でもビデオ通話でも同じです。




ただし、無料通話を開始して呼び出し音が1コールで切れたという場合には相手が『拒否』したという事なので確実に気づいているという事になります。


既読はつきませんが上記のような仕組みで少しは判断できますね。




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

LINEの通話履歴で『キャンセル』が表示される条件


LINEの通話履歴で『キャンセル』が表示されるケースもあります。


通話履歴の『キャンセル』は発信側と着信側のどちらにも表示されます。




『キャンセル』が表示されるのは主に以下のようなケースです。



・発信側に表示される『キャンセル』


⇒発信側が発信を止めた時


LINEの通話履歴で『キャンセル』が表示される条件|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です




・着信側に表示される『キャンセル』


⇒着信側が通話の着信を拒否した時


LINEの通話履歴で『キャンセル』が表示される条件|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です



このような場合にはそれぞれの履歴で『キャンセル』という表示が残ります。




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

発信側が『キャンセル』の時の着信側の履歴


発信側が『キャンセル』と表示された場合、着信側の通話履歴には『不在着信』という履歴がつきます。


発信側が『キャンセル』の時の着信側の履歴|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です



この不在着信という履歴は、着信側が1分以上着信して電話に出れなかった時に表示される『不在着信』と同じです。


見た目的な違いはないので注意しましょう。




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

『キャンセル』に既読はつく?


通話履歴の『キャンセル』に既読はつきません。


『応答なし』と同じように『キャンセル』にも既読がつかないので相手が気付いているかどうかの判断はこの段階ではできないです。




できることとすれば、とりあえずスタンプなどを送っておいてそれが既読になるか確認するというくらいですね。


一応、着信相手には『キャンセル』の代わりに『不在着信』という履歴が残ってるのでそれを確認しているはずです。




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

LINEの通話履歴で特定条件での履歴まとめ


LINEの無料通話やビデオ通話で『応答なし』や『キャンセル』といった履歴が残る基本的な仕組みは把握できたかと思います。


しかし、通常の状態ではなく特別な条件の時にどのような履歴が表示されるのか気になる方も多いのではないでしょうか。




そこで特定の条件において、どのような通話履歴が残るのか調査してみました。




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

相手が通話の着信許可設定をオフにしてる時


LINEでは音声通話やビデオ通話を一切受信しないような設定があります。


着信許可設定といって、この設定をオフにしていると誰からの無料通話も受け付けない(着信しない)状態にできます。


相手が通話の着信許可設定をオフにしてる時|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です



仮に着信相手が着信許可設定をオフにしてる場合、発信側と着信側は以下のような状態となります。



・発信側の状態と通話履歴


⇒着信音が鳴り続けて1分後に止まり、『応答なし』という履歴が残る


相手が通話の着信許可設定をオフにしてる時|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です




・着信側の状態と通話履歴


⇒着信があった事と着信許可設定がオフになってることが履歴として残る

(※この場合、『不在着信』という履歴はつかない)


相手が通話の着信許可設定をオフにしてる時|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です



無料通話の発信側には特に変化などありませんが、着信側にのみ特別な履歴が表示されるようです。




LINEの無料通話やビデオ通話の着信許可設定については以下で詳しく解説してるので気になる方は参考にどうぞ。


関連リンク




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

相手が他の人とLINE無料通話やビデオ通話してる時


相手が他の人とLINEの無料通話やビデオ通話をしてる時に無料通話を発信すると以下のようなエラーが表示されます。


相手が他の人とLINE無料通話やビデオ通話してる時|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です



このように、『通話中のため応答することができません。』と表示されて『応答なし』の履歴が残ります。




また、通話中で着信を受けることができなかった相手側にも『不在着信』の履歴が残ります。


自分の知らないうちに『不在着信』が残っている場合はこれが原因かもしれませんね。




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

相手が通常の電話をしてる時


相手が通常の電話をしている時にLINEの無料通話を発信すると以下のようになります。



・発信側の状態と通話履歴


⇒着信音が鳴り続けて1分後に止まり、『応答なし』という履歴が残る


相手が通常の電話をしてる時|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です




・着信側の状態と通話履歴


⇒『拒否』の他に『終了して応答』や『保留して応答』などが選択できる

(※通話に出なかった場合は『不在着信』という履歴も残る)


相手が通常の電話をしてる時|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です



このように、着信側にはいくつか選択肢が用意されています。


ただし、使用しているスマホの種類やタイミングなどによって選択できる種類が変わったりするケースもあるようなので注意です。




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

相手のスマホの電源が切れてる時


相手のスマホの電源が切れていたり電波が届かない状態の時に無料通話を発信すると以下のようになります。



・発信側の状態と通話履歴


⇒着信音が鳴り続けて1分後に止まり、『応答なし』という履歴が残る


相手のスマホの電源が切れてる時|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です




・着信側の状態と通話履歴


⇒『不在着信』という履歴が残る


相手のスマホの電源が切れてる時|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です



この場合、着信があったけど電話に出なかったというケースと同じような状態ですね。




通常の電話のように『電波の届かない場所にいるか電源が入っていないためかかりません。』といったアナウンスはないので発信側には一切状況がわからないです。




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

相手の友達リストに自分が入っていない時


相手の友達リストに自分が入っていないというのは、LINEで友達削除された状態ということです。


つまり、自分の友達一覧の中に相手が登録されてるのに相手の友達一覧には自分が入っていないという状態です。




この状態の時に、自分が無料通話を発信すると以下のような状態となります。



・発信側の状態と通話履歴


⇒着信音が鳴り続けて1分後に止まり、『応答なし』という履歴が残る


相手の友達リストに自分が入っていない時|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です




・着信側の状態と通話履歴


⇒着信があった事と友だち追加後に通話できるという履歴が残る

(※この場合、『不在着信』という履歴はつかない)


相手の友達リストに自分が入っていない時|LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既読はつかないので注意です



このように、友達として登録されてない状態の時は着信側にのみ上記のような履歴が残るようになってます。




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

相手が自分をブロックしてる時


LINEで自分がブロックされてたりする場合、無料通話やビデオ通話を発信すると呼び出し音が鳴り続けるという状態になります。


そして相手は着信音もならないですし着信履歴も残りません。発信側に発信履歴の『応答なし』だけが残ります。




単純に『応答なし』だからといって確実にブロックされているという事ではないので間違えないように注意しましょう。


ただし、何度無料通話をしても呼び出し音が鳴るだけで相手と通話できない場合にはブロックされている可能性もゼロではないでしょうね。




ちなみに、自分がブロックされてるか気になる場合はこんな方法で調べる事ができるので参考にして下さい。


関連リンク




疑問が残っている時はこちらアプリの質問箱▲TOPへ戻る
┗▶他の人の質問や回答も見放題

まとめ


LINEの通話履歴で『応答なし』や『キャンセル』や『不在着信』といった履歴が残る原因は色々なケースがあります。


発信側と着信側の状況によって通話履歴で残る文言は変わるので注意が必要ですね。




とりあえず自分のトーク画面で残っている通話履歴を確認してからこのページの解説を見るとある程度は状況が把握できるかと思うので参考になれば幸いです。




ちなみに、LINEの通話履歴にはトークルームで確認する履歴の他にLINE通話専用の履歴があります。


これまでの通話履歴一覧も見れるので気になる方は参考にどうぞ。


関連リンク

スポンサーリンク

この記事はお役に立ちましたか?

LINEに関するトラブルや不具合情報、困った時の対策をお知らせするツイッターアカウントです。 裏ワザや最新情報、便利ネタ等もお送りするのでフォローしてお役立てください。


同じカテゴリの人気記事
LINEの無料通話で音量が大きい(または小さい)時の原因と対...

LINEの無料通話で音量が大きい(または小さい)時の原因と対...

LINEの無料通話をすると通話中の音量が大きすぎてビックリしたという経験はありませんか? また、音が小さすぎて聞き取れない場合や友達から聞こえないと言われた経験...
更新:2020-05-13|公開:2017-12-07
音量 調整 方法
LINEで無料電話やビデオ通話を着信拒否する方法!グループ通...

LINEで無料電話やビデオ通話を着信拒否する方法!グループ通...

LINEで使えるLINE電話やビデオ通話をしたくない時ってありませんか? 特定の友達からは電話の着信を受け取りたくないというケースって意外と多いのではないでしょうか...
更新:2019-06-14|公開:2017-12-08
電話 着信拒否 方法 まとめ
LINEの無料通話でミュートの仕方!ミュート設定は相手にバレ...

LINEの無料通話でミュートの仕方!ミュート設定は相手にバレ...

LINEの無料通話で自分の周りの音を聞かれたくない時ってありませんか? LINEを使って通話していると周りの雑音などが結構よく聞こえたりしますが、状況によっては音が...
更新:2019-09-06|公開:2017-12-11
ミュート 設定 方法
LINEで通話履歴の確認方法!履歴を簡単に見る設定や履歴の削...

LINEで通話履歴の確認方法!履歴を簡単に見る設定や履歴の削...

LINEを使って通話した時にLINEのトーク画面に履歴が残りますが、トーク画面は通常のトーク内容が入るので履歴がごちゃごちゃになりますよね。 それよりも通常の電話の...
更新:2020-05-18|公開:2017-08-07
履歴 一覧 確認 方法
LINEで通知オフしてる相手から通話の着信が来たらどうなる?

LINEで通知オフしてる相手から通話の着信が来たらどうなる?

LINEで通知オフ設定している時に無料通話の着信がきたらどうなるのか知っていますか? トークの新着メッセージと同じように通知されずに履歴だけ残るのか、通知オンの...
更新:2018-10-05|公開:2017-12-29
通知オフ 着信 どうなる
LINEの無料通話で自分の声が聞こえる原因と対処方法

LINEの無料通話で自分の声が聞こえる原因と対処方法

LINEの無料通話をしていると自分の声が反響して聞こえるという経験はありませんか? 自分で話をした声が少し遅れて自分の耳に聞こえてくるというのは少し変な感じがし...
公開:2017-12-11
自分の声 聞こえる 原因
LINE通話で『この機能を利用する権限がありません』と表示さ...

LINE通話で『この機能を利用する権限がありません』と表示さ...

LINEの無料通話を利用しようとした時にエラー表示がされる事があります。 表示されるエラーメッセージはiphoneとandroidで少し違うようです。 それぞれ以下のようなエ...
更新:2017-08-18|公開:2017-08-07
エラー 権限 方法
LINEの無料通話は普通のイヤホンでも相手に声は聞こえる?

LINEの無料通話は普通のイヤホンでも相手に声は聞こえる?

LINEの無料通話をイヤホンで使っている方も多いですよね。 移動中や買い物中や運転中など、両手がふさがっていて電話をする時にイヤホンマイクがあれば確かに便利です...
更新:2019-06-13|公開:2017-12-07
イヤホン マイク
LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既...

LINE通話の『応答なし』『キャンセル』の違い!通話履歴に既...

LINEの無料通話やビデオ通話ができなかった時にトーク画面の履歴を見ると『応答なし』や『キャンセル』や『不在着信』といった履歴が残ります。 これは電話を発信した...
更新:2020-05-22|公開:2017-12-05
履歴 応答なし キャンセル 不在着信 まとめ


 


新着記事



シェア